若年層社員が採れない?

 なぜ人材が集まらないか? 考えて見ましょう。 日本企業の賃金制度の多くは、毎年の「昇給額を積み上げる」仕組みのままです。これでは、自動的に賃金が高くなる危険性が高く、若年層や入社時の賃金水準を低くせざるを得ません。このような旧態依然とした過去指向の企業には、魅力を感じないのです。

 解決策がひとつだけあります。それは、「将来価値型」賃金制度への変換です。賃金制度の構造である、「積み上げ型」に終止符を打ち、人事評価の高さつまり人財価値と賃金の高さとを連動させた「階層型」に変えること。これが、ヒントです。

弊社が提唱するDKモデル®賃金を導入した企業さんは、おのずと良い人材が採れ、人材の流出を抑えることができるようになっています。

 → 「DKモデルの賃金表」についての記事、無料ダウンロード(PDF)へ 

 → お役立ち情報 「納得性の高い評価制度?」 へ

▲このページのトップに戻る