最近の話題−メルマガ拝見

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

赤津雅彦の「働き方改革キーワード」

https://www.mag2.com/m/0001687407.html

↑ クリック 今すぐに、定期購読を! 無料メルマガ刊行中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

赤津雅彦の「働き方改革キーワード」2021年月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本企業の世界的地位の低下、生産性低下が叫ばれる中、

国をあげての「働き方改革」が本格化しています。このメルマガでは、

数多くの「改革」を陰で支援し成功させた赤津雅彦が、すぐにでも着手

できる改革手法のヒントを1分でキーワード解説致します。

働く側ばかりで無く、働かす側にも役立つ内容です。

(このメルマガは、前月下旬〜当月上旬に、ほぼ月刊で発行しています)

 

※    旧 「赤津雅彦の賃金改革キーワード」読者様にも配信しています。

 

 

プラチナ企業――――――――――――★★★

 「プラチナ企業」とは、ホワイト企業を超越した企業のことです。もはや「ブラック企業で無い」ことが当たり前に要求される時代なのです。

 世間に「ホワイト企業」が多くなりますと、人材確保の面でも、企業の今後の競争は、益々エスカレートするでしょう。それでは、プラチナ企業と世間に認識される要件は、いかなるものでしょうか。 

 プラチナ企業には、ホワイト企業にはない独自性が必要です。細かいことにはなりますが、ひとつは人材評価が、基準とする客観的なモノサシにおいて行われることです。かつてのブラック企業のように、人事評価がブラックボックス化しておらず、積極的に中身を公表していることです。

 2つめの要件は、「同一労働」と「同一賃金」の透明度が高いことです。社員の役割分担表やそれに連動した賃金表が公開されていることのみならず、賃金決定のメカニズムがシンプルで分かりやすいことです。 

 そして、3つめは、社員が生き生きとしているという、当たり前のことができているかどうかです。社員が生き生きするには、いわゆる健康経営が実践されていなくてはなりません。ヒトも企業も生き生きとしていることがプラチナ企業のもっとも重要な要素かもしれません。 

 「令和の優良企業」(プラチナ企業)といわれるには、最小限「DKモデル®」を採用した企業であり、積極的にWEB上でこの事実を公開していることです。  

 ちなみに、「プラチナ企業育成マイスター®」は、赤津雅彦の所有する唯一の登録商標です。

 

―――――――――――――――――★★★

 

赤津雅彦から、読者の皆様にお知らせです!  ↓↓↓↓↓↓↓

 

●賃金システム研究会(R) (全国、どこからでも 参加できる「ネット」Zoomセミナー)開催日決定! 

     2021年 9/7 11/10 2022年 2/16 5/20 

次回は、9月7日開催です!

 <参考> 

2021年5月11日開催に開催した 第182回 賃金システム研究会® テーマ

 

(A) 「同一労働同一賃金」に適応した非正規賃金の見直しと運用

(B) 賃金・退職金規定改定と説明会の実施方法(新基礎講座8)                                           

(C) コロナ禍で進む日本的「ジョブ型」賃金改革事例と‘21年夏期賞与予想  

  

<読者サービス>

 

まだ賃金システム研究会®に参加されたことがない読者には、このメルマガ限定で

残り3名様まで、「初参加者・割引券」を差し上げますので、下記のメルアドまでご応募下さいませ。

先着順で締めきらせていただきます。

 

通常のご参加費 35,000円 → 17,500円(税込み) 

→ info@paysystem.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 「賃金システム再構築マニュアル(DKモデル)」(ベストセラー)の電子書籍が入手可能となりました! 

https://jitsumu.hondana.jp/book/b473437.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●賃金システム研究会(R) 「赤津塾」(「ネット塾」上級編) Zoomで開催中!(満員御礼)

   (第2金曜日午後

 

DKモデル賃金アドバイザー(R) 資格認定対象講座

「職務評価」「人事評価」に焦点をあてた下記のテキストの内容でも実施しています。

 

テキスト:「赤津雅彦の人事・賃金相談Q&A」(復刻版)

     「新訂2版 賃金システム再構築マニュアル」(電子版

 

※ 「赤津塾」ネットセミナーご参加等詳細は、

  http://www.dk-model.com

 

■DKモデル賃金アドバイザー(R) 改革を担うプロ養成「赤津塾」 基礎編

  塾生募集中!  いつからでも、全国どこからでも始められまず。

 

4人上の団体さんでのお申し込み歓迎! ご連絡をお待ちしております。

 

■7月より「労基旬報」紙上で「厚労省ガイドラインに適応した新しいビジネスモデル(DKモデル)」の連載が開始されました!

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■著書、ホームページ等

→ 「賃金 赤津」で検索

 

賃金システム研究所® 、賃金システム研究会® 、DKモデル® 等は

許可無く使用できない登録商標です。

 

■ご意見、↓お問い合わせはこちらまで

 info@paysystem.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお付き合い頂き、有り難うございました。

 

■赤津雅彦の「働き方改革キーワード」 発行人: 赤津 雅彦

 賃金システム研究所(R)

『まぐまぐ!』  http://www.mag2.com/

より発行しています。

 

----Copyright 2021 Masahiko Akatsu, MA, MBA, GRP(R)

                         All rights reserved---- 

DKモデル賃金アドバイザー(R)養成「赤津塾」

Akatsujuku-net.png

「鎌倉日和」2016年秋号

KamakuraBiyoriX500-2016.aki.jpg

▲このページのトップに戻る