最近の話題−メルマガ拝見

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

赤津雅彦の「働き方改革キーワード」

https://www.mag2.com/m/0001687407.html

↑ クリック 今すぐに、定期購読を! 無料メルマガ刊行中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

赤津雅彦の「働き方改革キーワード」2022年8月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 プラチナ企業育成マイスター® 「所得倍増請負人」

 赤津雅彦です。

 

 日本企業の世界的地位の低下、生産性低下が叫ばれる中、

国をあげての「働き方改革」が本格化しています。このメルマガでは、

数多くの「改革」を陰で支援し成功させた赤津雅彦が、すぐにでも着手

できる改革手法のヒントを1分でキーワード解説致します。

働く側ばかりで無く、働かす側にも役立つ内容です。

(このメルマガは、前月下旬〜当月上旬に、ほぼ月刊で発行しています)

 

※    旧 「赤津雅彦の賃金改革キーワード」読者様にも配信しています。

 

 

部長の男女間賃金格差撤廃 ―――――――★★★

 大手企業に対して、社内賃金格差の情報を開示することが義務化されます。日本企業の大半を占める中小企業については、未だに公表は義務化されませんが、むしろ今後は、中小企業の男女間格差が是正されることが、我が国の生産性向上には寄与すること思われます。

 

施策が成功裏に実施される要件は、(1)計算方法や手続きがシンプルであること (2)対象とする内容が誰もが注目するものであること (3)それがすべての社員に波及することです。

 

 これまで、多くの中小企業の賃金改革にかかわった現場経験から、最初は「部長の賃金水準」に着目することが成功の早道といえます。部長は社員の憧れです。とくに、女性の部長が活躍する姿は、間違い無く優良企業(プラチナ企業)に多く見られます。部長クラスの社員の年収は、その企業の生産性(ひとりあたりの付加価値分析額)と相関関係が強く、部長の賃金水準が公平で高いほど社員全体の賃金水準も高くなります。

 

男女間賃金格差を本気で世界標準に近づけたいなら、社員が注目する「部長」の男女間賃金格差について究明し、合理性の無い男女間格差を撤廃することを目標とすべきです。

――――――――――――――――――★★★

 

赤津雅彦から、読者の皆様にお知らせです!  ↓↓↓↓↓↓↓

 

●賃金システム研究会(R) (全国、どこからでも 参加できる「ネット」Zoomセミナー)開催日決定!

 

 2022年 9/7、11/18 以降は、開催月の第3金曜日午後を予定)

 

 次回は、2022年 9月6日(火)開催です!

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2022年9月6日に開催予定の 第187回賃金システム研究会(R) テーマ

 

(A) 「同一労働同一賃金」時代に必要な評価制度のポイント

      13:40〜  

(B) 自ら考え行動する社員が育つ評価面談の方法                                            

      14:40〜

(C)70歳雇用に適応した生涯賃金と時間給表作成 (新基礎講座5) 

      15:40

<ご参考>

 

2022年5月20日に開催された 第186回 賃金システム研究会(R) テーマ

 

(A) 年功是正が進む中での若年層社員採用事例

     13:40〜

(B) 2022年夏期賞与予想と賞与計算シミュレーション

     14:40〜

(C) 新しい賃金表を作成する際のポイントと標準号数(新基礎講座4)

     15:40

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

●賃金システム研究会(R) 「赤津塾」(「ネット塾」) Zoomで開催中!(塾生を募集中!)

   (第3金曜日午後)

 

DKモデル賃金アドバイザー(R) 資格認定対象講座

2022年は入門者も含めた、分かりやすい内容で開催予定です。

 

10回のご参加が、DKモデル賃金アドバイザー(R)(賃金改革のプロ)資格の取得要件です。

 

テキスト:「赤津雅彦の人事・賃金相談Q&A」(復刻版)

      「新訂2版 賃金システム再構築マニュアル」(電子版)

 

原則として、賃金システム研究会(R)が開催されない月の第3金曜日午後に開催予定です。

 

開催日は変更になる可能性がありますので、途中からご参加希望の方は、事前にご確認下さいませ。

 

※ 「赤津塾」ネットセミナーご参加等詳細は、→→ https://www.dk-model.com

 

4人上の団体さんでのお申し込みも歓迎! ご連絡をお待ちしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「労基旬報」Web版でも「働き方改革キーワード」を紹介中→→https://roukijp.jp/?cat=66

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 「賃金システム再構築マニュアル(DKモデル)」(ベストセラー)の電子書籍が入手可能となりました! 

https://jitsumu.hondana.jp/book/b473437.html

 

「メルマガ」が単行本になりました!!!

 

赤津雅彦の賃金改革キーワード(労働法令刊)

https://www.amazon.co.jp/s?i=stripbooks&rh=p_27%3A%E8%B5%A4%E6%B4%A5+%E9%9B%85%E5%BD%A6&s=relevancer

 

 

 

■著書、ホームページ等

→ 「賃金 赤津」で検索

 

賃金システム研究所(R) 、賃金システム研究会(R) 、DKモデル(R)

マトリクス賃金表(R)、DKモデル賃金アドバイザー(R)、それに

プラチナ企業育成マイスター(R)  

所得倍増請負人(R) 等は

 

許可無く使用できない登録商標です。

 

■ご意見、↓お問い合わせはこちらまで

 info@paysystem.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお付き合い頂き、有り難うございました。

https://www.amazon.co.jp/s?i=stripbooks&rh=p_27%3A%E8%B5%A4%E6%B4%A5+%E9%9B%85%E5%BD%A6&s=relevancer

 

■赤津雅彦の「働き方改革キーワード」 発行人: 赤津 雅彦  https://www.akatsu.org/akatsu-updated.htm

 

 賃金システム研究所(R)

https://www.paysystem.co.jp

 

『まぐまぐ!』  https://www.mag2.com/

より発行しています。

 

----Copyright 2022 Masahiko Akatsu, MA, MBA, GRP(R)

                         All rights reserved---- 

 

 

DKモデル賃金アドバイザー(R)養成「赤津塾」

Akatsujuku-net.png

「鎌倉日和」2016年秋号

KamakuraBiyoriX500-2016.aki.jpg

▲このページのトップに戻る